薬剤師求人-製薬会社で勤務する場合

製薬会社で働く薬剤師!

薬剤師求人-製薬会社で勤務する場合

薬剤師が製薬会社で勤務する場合に用意されているステージは「研究・開発」と「MR(医薬品情報担当者)」になります。 「研究・開発」は一部の超エリートだけですから<大部分はMRとして働くこと>になります。 MRの仕事は病院の医師や薬剤師に対して自社製品の品質や有効性や安全性などの基本情報を提供することです。

<MR白書>を参照してみると、MRの人数は2010年度に6万人台に到達し、2011年度には63,875人になっています。 2011年度には2600人も増加しています。 2007年度には一端減少していたMRの人数は、その後上昇に転じて増加し続けている傾向にあるようです。

MRの男女は圧倒的に男性が多く、男性55.284名で女性8,591名です。 しかしながら女性MR人数は2000年の調査開始以来、増加を続けています。 女性MR全体に占める経験年数5年以上の構成比のデータを見てみました。

2008年度から毎年約5%程度の比率で上昇しています。 これは製薬会社各社が実施している女性MR支援制度が導入されたり、強化策を採用していることが理由だと思われます。 その結果として就業年数が長期化したのでしょう。

製薬会社のMR職は薬剤師以外の理系・文系出身者も多くなっております。 MRと言っても必ずしも薬剤師だけの職種ではないです。 2011年度のMR全体の人数のうち薬剤師資格を持っているMRは5.580名でした。 構成比で見れば1割程度ですから、一昔のように製薬会社が大量に薬剤師を採用する時代ではなくなっています。もちろん、それでも興味のある方は薬剤師転職サイトに登録するとよいと思いますが、薬剤師不足が叫ばれる現代においてさえ、薬剤師の製薬会社への転職はかなり狭き門です。

――MRが増加しているのは次の理由があります。 ・医薬品営業支援ビジネスの拡大 ・ジェネリック医薬品関連企業によるMR増員 大手製薬会社では目立つような変化はありません。



MRの魅力とは?

以上のように製薬会社で勤務する薬剤師の実態をお話しました。 MRの魅力は他の職種と比較した場合は「待遇が良いこと」があり、大手製薬会社の30歳以上の平均年収は1000万円とも言われています。 しかし、医師とのコミュニケーションも多く気苦労は多いです。 残業もすごく多いですから時給換算をした場合は必ずしも髙いとは言えないです。

アルバイト薬剤師の求人、薬剤師の仕事って?

薬剤師は薬を扱う仕事ですが、実際はどのような仕事内容なのでしょうか。

まずは調剤。これは薬剤師の仕事の中では一番大きい仕事です。 処方箋にあわせて調剤していくのです。 ここで必要なのが、患者さんが安全にその薬を飲める状態に あるのかを確認しなくてはなりません。

今現在他の薬を飲んでいるのか、薬でアレルギーは出ないのか、 薬の飲み方に間違いはないか、などです。 処方箋どおりのそのまま調剤すればいいというわけでなく、 薬のプロとして患者さんを守る役目もしていきます。

続いて、薬の安全を確保しながら、患者さんの基まで届けるという 役目も担っていますし、医薬品を作る場所、販売する場所、 利用する環境などをしっかりと管理していく役目もあります。 薬が関係している部分には薬剤師は必要な存在となっているのです。

そのため、薬剤師とはいえ求められている職場は様々です。 もちろん調剤を中心としている職場が一番多いのですが、 製薬会社などの薬を製造する段階の職場でも求められていたりもします。

医療は医薬分業となっているため、薬剤師の必要性はどんどん高まって きています。少し前までは、薬はその病院の受付で貰えたのですが、 今は処方箋を持って調剤薬局まで行きますよね。

それが医薬分業です。 患者さんからしてみると、受付で薬がもらえたほうが楽だったのに・・ と思ってしまうでしょうが、医薬分業は患者さんにとってもメリットと なるようになっています。

医師は薬についての知識はありますが、薬を専門に学んでいる薬剤師の ほうが知識が豊富な事もあり、薬についてのお悩みなどを気軽に 相談できるようにもなりました。

また、いくつかの病院に通っている場合でも、薬を出す場所をひとつに することで、その患者さんが飲んでいる薬なども把握できて安全に薬を 飲めるようになります。

また、医師に必要以上に薬を処方されるのを薬剤師がクッションの役割を することで防げます。 面倒になったと思っていた医薬分業にも、たくさんメリットはあるのです。

専門薬剤師の講習を受ける

薬剤師として上を目指せる資格が欲しいと思った時に、専門薬剤師を検討する人もいるでしょう。 しかし、専門薬剤師の資格を取得することは簡単ではありません。

まず、薬剤師の資格を取得していれば誰でも専門薬剤師の資格取得が目指せるというわけではなく、先に認定薬剤師の資格を取得する必要があるのです。

しかも、認定薬剤師の資格取得も簡単なことではないため、その上の資格である専門薬剤師資格を取得するのはどれだけ大変なことか想像するだけでもわかるでしょう。 だからこそ専門薬剤師資格を持っている人は様々な職場で評価してもらうことができるんですね。

薬剤師の資格を持っているという人は、まずは大学病院などへの就職を目指しましょう。 研究機関がある医療機関で様々な経験を積み、認定薬剤師の資格取得を目指します。

具体的には、3ヶ月の研修を受けなければならないのですが、その後は講習を受けて試験に合格することができれば認定薬剤師の資格を取得することができます。 しかし、実はこの段階でも大きな壁があるのです。

それは、病院薬剤師になるということが簡単ではないということです。 病院薬剤師の求人は確かにそれなりの数がありますが、競争率が非常に高いので、まずは病院薬剤師になるための努力が必要になると思ったほうがいいでしょう。

無事に認定薬剤師の資格を取得することができたら、今度は認定薬剤師として数年間経験を積んでいくことになります。 その間で学会発表の学術論文を作成したり、非常に専門性が高い試験に合格することにより、やっと専門薬剤師の資格を取得することができます。

専門薬剤師の資格取得までの道のりは非常に長く、数年単位で取得を目指すことになります。 そもそも認定薬剤師になるためにも5年以上の実務経験が必要になってくるので、専門薬剤師の資格取得を目指す際には、長年の努力が必要になると言えるでしょう。

途中で挫折してしまう人も少なくありませんが、専門薬剤師の資格が取得できれば転職活動でも非常に有利になるのは間違いありません。

専門薬剤師の将来性は安定しているのか?

専門薬剤師という資格は、薬剤師関連の資格の中でも非常に上位の資格です。 まだまだこの資格が作られて日は浅いですが、それでも高い技術や知識を必要とする医療機関では有名な資格となっています。

専門薬剤師の資格を取得するためには、非常に長い期間勉強を続けなければなりません。 そこで気になるのが、専門薬剤師の将来性の問題です。 せっかくがんばって専門薬剤師の資格を取得したとしても、それを活かせる場所がないようであれば努力が意味のない物になってしまうかもしれません。

医療業界において専門薬剤師の知名度は徐々に高まってきているので、将来性は期待することができるでしょう。 そもそも、専門薬剤師という資格を取得していれば、薬に関する知識や経験だけでなく、チーム医療の知識も持っていることが証明されます。

現在の日本ではチーム医療に力を入れる動きが出ており、これは今後さらに拡大していくと考えられているのです。 その中で薬に関して専門的な知識を持っている専門薬剤師の存在は、とても大切なものになると予想されます。

ただ、専門薬剤師の資格は、一度取得したらそれで一生有効という資格ではありません。 定期的に講習を受け、4年ごとに更新をしなければならないのです。

そのため、がんばって専門薬剤師の資格を取得したとしても、その資格を持ち続けるためには常に努力が必要な資格だと言えるでしょう。 非常に大変なことではありますが、これは大きな魅力でもあるのです。

というのも、専門薬剤師の資格を持っている人は常に最新の情報や知識を身に付けているということが証明されるからです。 昔は、薬剤師という資格を持っていれば無条件で採用されるような職場もありました。

ですが、今後はもっと専門的に仕事を果たすことができる薬剤師が求められていくのは間違いありません。 その中で専門薬剤師という資格を持っている人は最新の医療現場でも活躍することが期待されるので、高待遇で迎えられることが多いのです。

将来性については、今後増々ニーズが高まっていく資格だと言えるでしょう。