綺麗なスタイルをキープするには健康が第一です!

食事によるダイエット

 ダイエットをすると言えば、食事制限が真っ先に思いつきます。  ですが食事のコントロールは、本来過度の肥満の方などに行う医療行為のことです。  メディアが言うダイエットとは、間違った意味で使われていることが多いのが現状です。

 そして一般の方が食事の制限をすると、基礎代謝が下がり、結果痩せにくい体になっていきます。  本来、ダイエットという意味は健康的な食事となります。では健康的な食事とはどういうことでしょうか。

 バランスよく食べることはもちろん大事ですが、よく噛んで食べること。これも健康的な食事の一部です。良く噛むと言うことは唾液の分泌を促し、食べ物を消化しやすくします

 そして三食を時間通りにきっちりと摂取することです。特に朝食の量を多めにしても、代謝率が高い時間ですので太りやすくなるとは言えません。逆に夜食を多めに摂取すると、カロリー消費が低い時間帯ですので同じ食事内容や量でも太りやすくなります。

 また夏場でも身体を冷やさないため、温かいものを食べるよう心がけましょう。  夏はなにかとアイスなど冷たいものを食べがちですが、あまりに摂取量が多いと体を冷やしてしまいます。

 体を冷やすことは血行が悪くなり、代謝も落ちてしまいます。  それは体重が減少しても、体内の水分が蒸発しただけで、その分脂肪率が上がるという結果を招きかねません。

 そして脂肪が増え、カロリーを消費する筋肉が落ちることにより、代謝率はさらに下がってしまうという悪循環に陥ってしまいます。 冷たいもので満足感を得るよりも、香辛料や薬味などを使って胃腸を刺激してみましょう。

これは塩分の取りすぎを防ぐだけでなく、血行を良くすることもできます。  また味に深みが出て、満足感が得られやすくなります。食べ過ぎ防止にも良いですね。  同じ食事内容でも太りやすい人とそうでない人との差には、このような生活習慣の差があるのです。

 また代謝は年齢と共に低くなります。若い頃と同じ食事をしていてはカロリー過多になってしまいます。  同じ食事を続けるならば、運動をして筋肉をつけ代謝率の維持に努めましょう。