製薬会社で働く薬剤師!

薬剤師求人 > 製薬会社で勤務する場合

薬剤師求人-製薬会社で勤務する場合

薬剤師が製薬会社で勤務する場合に用意されているステージは「研究・開発」と「MR(医薬品情報担当者)」になります。 「研究・開発」は一部の超エリートだけですから<大部分はMRとして働くこと>になります。 MRの仕事は病院の医師や薬剤師に対して自社製品の品質や有効性や安全性などの基本情報を提供することです。

<MR白書>を参照してみると、MRの人数は2010年度に6万人台に到達し、2011年度には63,875人になっています。 2011年度には2600人も増加しています。 2007年度には一端減少していたMRの人数は、その後上昇に転じて増加し続けている傾向にあるようです。

MRの男女は圧倒的に男性が多く、男性55.284名で女性8,591名です。 しかしながら女性MR人数は2000年の調査開始以来、増加を続けています。 女性MR全体に占める経験年数5年以上の構成比のデータを見てみました。

2008年度から毎年約5%程度の比率で上昇しています。 これは製薬会社各社が実施している女性MR支援制度が導入されたり、強化策を採用していることが理由だと思われます。 その結果として就業年数が長期化したのでしょう。

製薬会社のMR職は薬剤師以外の理系・文系出身者も多くなっております。 MRと言っても必ずしも薬剤師だけの職種ではないです。 2011年度のMR全体の人数のうち薬剤師資格を持っているMRは5.580名でした。 構成比で見れば1割程度ですから、一昔のように製薬会社が大量に薬剤師を採用する時代ではなくなっています。もちろん、それでも興味のある方は薬剤師転職サイトに登録するとよいと思いますが、薬剤師不足が叫ばれる現代においてさえ、薬剤師の製薬会社への転職はかなり狭き門です。

――MRが増加しているのは次の理由があります。
・医薬品営業支援ビジネスの拡大
・ジェネリック医薬品関連企業によるMR増員
大手製薬会社では目立つような変化はありません。

以上のように製薬会社で勤務する薬剤師の実態をお話しました。 MRの魅力は他の職種と比較した場合は「待遇が良いこと」があり、大手製薬会社の30歳以上の平均年収は1000万円とも言われています。

しかし、医師とのコミュニケーションも多く気苦労は多いです。 残業もすごく多いですから時給換算をした場合は必ずしも髙いとは言えないです。